一つひとつ丁寧に。

らんどせる屋さんのランドセルへのこだわりを
こっそりオヤカタさんに教えてもらいましょう。

細部にもこだわります。

生地によって硬さが違うため、ヘラを上手く使いこなせないと菊寄せが綺麗に仕上がらないのだ。

力のかかりやすい箇所は太い糸でシッカリ手縫い!

ランドセルの型のベルトの部分は一番負担がかかる場所。
二本の針と糸で、両面から交差しながらしっかり縫い上げることで、負担がかかってもほつれにくくなるのだ。

ミシンの縫い目も均等にするのが難しい 。

厚みの違う複数のパーツをいくつも重ねてミシンで縫うため、そのままミシン任せで縫うと、縫い目(ピッチ)が変わってしまう…。
らんどせる屋さんの職人はミシンで縫い上げる速度は変わらずに、手の力加減で縫い目(ピッチ)を調節するのだ。

最後はマネの出来ない職人の絶妙なチカラ加減。

ランドセルの型のベルトの部分は一番負担がかかる場所。
二本の針と糸で、両面から交差しながらしっかり縫い上げることで、負担がかかってもほつれにくくなるのだ。

TOPICS
新設計の肩ベルト
ウルトラカーブベルトNEXT
ステキな名入れグッズ
ランドセルの修理について
らんどせる屋さんのランドセルはメイドインジャパン
ランドセルと一緒にたくさん使おう!
親方のお仕事
クラリーノ ってどんな素材?
カタログ請求
ブックセパレーター
こだわり抜いた世界に一つのランドセル
楽天市場出にも出店。「PiPiCOLO 三栄鞄直営店」
ページトップへ