0
¥0

現在カート内に商品はございません。

生地によって硬さが違うため、ヘラを上手く使いこなせないと菊寄せが綺麗に仕上がらないのだ。

ランドセルの型のベルトの部分は一番負担がかかる場所。
二本の針と糸で、両面から交差しながらしっかり縫い上げることで、負担がかかってもほつれにくくなるのだ。

厚みの違う複数のパーツをいくつも重ねてミシンで縫うため、そのままミシン任せで縫うと、縫い目(ピッチ)が変わってしまう…。
らんどせる屋さんの職人はミシンで縫い上げる速度は変わらずに、手の力加減で縫い目(ピッチ)を調節するのだ。

綺麗に裁断されていても、ランドセルの形になるように組み合わせていくのは、やっぱり職人の手の感覚と、長年の経験が必要なのだ。
クラリーノは皮スキや天候により、裁断した時の寸法より多少ちぢんでしまうため、それぞれの生地の感触を確かめながら、一つひとつ丁寧に組み立てていくのだ。

オンリーワン

アドベンチャーチノ

マイティレッド

パックンスマイル

ポップンミミ

TOPICS 特集

らんどせる屋さんのランドセルはメイドインジャパン

ランドセルと一緒にたくさん使おう!

親方のお仕事

クラリーノ ってどんな素材?

アワード2013

アワード2015

アワード2017

カテゴリ一覧

ページトップへ